インターネット問題で
お悩みの方

「ネット被害は人生を変える重大犯罪
このまま放置しておくのですか。」
徹底サポート & スピード解決

「インターネット問題」弁護士
永岡孝裕ながおか たかひろ(新宿区/山田法律事務所)

インターネット問題にお悩みの方へ

現代社会では、スマートフォンが普及し、ツイッターやフェイスブック等のSNSの利用、Google口コミへの投稿、
5ちゃんねるや爆サイ、ホスラブ等の掲示板への書き込みが日常的に行われるようになりました。
それに伴い、誹謗中傷や名誉毀損、プライバシーの侵害等の問題も我々の生活とは切っても切り離せないものとなっています。
巻き込まれ被害にあってるにも関わらず泣き寝入りの形で、悔しい思いをされている方も多数いらっしゃると思います。
私弁護士永岡は、こうした現代における重要問題であるインターネットに関する法律問題を専門的に扱っております。
インターネット上の誹謗中傷・プライバシー侵害・名誉毀損・風評被害などのネットトラブルにご対応致します。

主なネットトラブルの解決事例

男性画像

意見照会書が届いた方からのご相談

依頼者 年齢 30代 男性 会社員
相手方 勤務先の代表取締役

名誉毀損
減額できた慰謝料等
160万円
損害賠償請求額160万円⇒0円に減額+口外禁止条項を付けて会社に発覚せずに3週間で解決
インターネット上の勤務先がテーマとなっている掲示板のスレッドに、勤務先の代表取締役の実名を出した上で誹謗中傷やプライバシーに係る内容の投稿をしたところ、プロバイダから意見照会書が届いた。
これからも勤務先で働いて行きたい。会社に自分の氏名が発覚すれば、会社を辞めざるを得なくなってしまい、とても困る。不安に苛まれており、すぐに解決したい。
受任後、損害賠償請求自体を放棄させることに成功
弁護士が投稿内容を確認し、仮に意見照会書に対して不同意として返送しても内容面から開示されることは不可避と判断し、依頼人が早期解決を求めていること、会社中に広まることを懸念し、この段階で相手方代理人に連絡して、交渉を開始しました。
口外禁止条項を盛り込み、0円で合意することに成功。会社にも発覚することなく、スピード解決となりました。
女性画像

ネット上に実名で誹謗中傷を書かれてしまった方のご相談

依頼者 年齢 40代 女性 動画配信者
相手方 不明

削除請求
削除できた投稿数
全投稿
依頼人の実名やプライバシーに係る情報が含まれた投稿を全て削除することができた事案
動画配信者をしているが、コメント欄や5ちゃんねるに実名と共に個人情報を書かれてしまった方からのご依頼。
警察に相談をしたが動いてくれないとのことでご相談に来られました。


受任後、全ての投稿を削除することに成功
弁護士が直ちに対応し、まずは5ちゃんねる等の大元となる投稿を削除請求し消してもらった上、受任時に依頼人の実名で検索すると出てくる違法な投稿については仮処分等の訴訟手続を経ることなく、全て削除することに成功しました。また今後、依頼人の実名で検索しても、過去の記事の履歴が出てこないように、Googleの検索結果からも今後表示されないように対応を行いました。
男性画像

発信者情報開示請求のご相談

依頼者 年齢 30代 男性 YouTuber
相手方 視聴者

開示請求
獲得できた賠償額
40万円
SNSや掲示板上に、自身の交際相手の情報や、「ファンや未成年者に手を出した」等と、事実無根の内容を投稿されている
SNSや掲示板上に、自身の交際相手の情報や、「ファンや未成年者に手を出した」等と、事実無根の内容を投稿されており、自身の動画上で反論したものの、炎上してしまい手に負えなくなっている。
今後、同様の誹謗中傷や風評被害を抑止するためにも、投稿者を特定して他の投稿者に対する警告を行いたい。
投稿者の特定に成功、二度と同様の投稿を行わない旨の誓約書を書かせ、40万円を支払ってもらうことに成功
投稿内容のうち、特に悪質なものに絞って発信者情報開示仮処分を申し立てて、アクセスログが消えないようにまずは証拠保全を行いました。その上で、プロバイダに対して発信者情報開示請求を行い、投稿者の氏名・住所等を特定。投稿者本人に対して弁護士名義の内容証明で連絡し、示談交渉を行いました。
投稿者は意見照会書が来た段階で動揺していたようで、自ら投稿したと名乗り出てきた投稿者も、弁護士に依頼した投稿者もいました。自ら名乗り出てきた投稿者に対しては、今後同様の投稿を二度としない旨の誓約書を書かせるとともに、自身のSNS上で謝罪記事を投稿して頂くことになりました。
弁護士を依頼して争う姿勢を示した投稿者との関係では、損害賠償請求訴訟を提起し、裁判所の判断で40万円が請求認容されました。
女性画像

刑事告訴のご相談

依頼者 年齢 20代 女性 会社員
相手方 元交際相手

刑事告訴
獲得できた慰謝料等
100万円
警察と連携し、犯人の逮捕に成功し、示談金も獲得した事案

元交際相手の男性に撮影された性交渉の場面の動画等を、SNSや掲示板上に実名と共に投稿されてしまった方からのご依頼。
まずはご自身で警察に相談をしたが、「男女関係のもつれなので警察は対応できない」と言われ、警察が動いてくれないとのことでご相談に来られました。

受任後、直ちに警察に連絡し告訴状を提出の上、実際に犯人を逮捕することに成功
弁護士が受任後、直ちに警察に連絡した上で告訴状の提出を行うことを予告し、日程調整の上警察と面談を行いました。その上で告訴状を受理してもらい、警察としても十分な証拠が揃ったということで、被疑者に対して呼び出しを行った上で取調べを行ってもらい、その上で被疑者は逮捕されました。また、SNS上や掲示板上に投稿された動画等の投稿についても、全て削除することに成功し、今後、社会生活を送る上での被害を最小限に食い止めることができました。更に、逮捕後、被疑者から示談の申出があり、示談金として100万円を獲得することもできました。

料金表

■着手金 7万円 (税込 7万7千円)

■報奨金 なし

■着手金 10万円(税込11万円)~ 3サイトまで

■報酬金 5万円(税込5万5千円)~ 1サイトあたり

※投稿の量や対象サイトが多岐に渡る場合には金額面でのご相談に乗りますので、お気軽にご相談ください。

■着手金 15万円(税込 16万5千円)~
 1サイト・1申立あたり

■報酬金 20万円(税込22万円)~
 1サイト・1申立あたり

※海外サイトの場合には、実費として翻訳費用等が別途かかります

■着手金 20万円(税込22万円)~
1サイト・1申立あたり

■報酬金 20万円(税込22万円)~
1サイト・1申立あたり

※サイト(国内サイトか海外サイトか)によって変動します。海外サイトの場合には、翻訳費用等の実費が別途掛かります。

■着手金 20万円(税込22万円)~

■報酬金 20万円(税込22万円)~

■着手金 20万円(税込22万円)~

■報酬金 経済的利益の16%(税込17.6%)~

■着手金 18万円(税込19万8千円)~

■報酬金 (刑事告訴が受理された場合)
 18万円(税込19.8万)~

【弁護士費用(着手金、報酬金、実費)は、各種クレジットカードでお支払い頂くことができます】
※事件の性質や難易・複雑性によって上下する場合があります。

「インターネット問題」でお困りの方は、専門弁護士・永岡孝裕にお気軽にご相談ください!

お問い合わせボタン インターネット問題に強い弁護士による法律相談サイト

ご相談~実務遂行まで

1. 事務所での法律相談
ご予約頂いた日時に事務所にお越し頂き、お話を伺わせて頂きます。
必要に応じて資料等をお持ち下さい。
2. 処理方針・費用のご説明
弁護士費用のお見積りをさせて頂きます。案件処理方針、弁護士費用等について、ご理解、ご納得頂けた場合には正式にご依頼下さい。正式にご依頼頂いた場合には、当職と委任契約を締結させて頂くことになります。
3. 着手金+預り金 お支払い
弁護士費用の着手金と経費分の預かり金をお支払いいただきます。(事前支払い費用はこれのみです) お支払い確認後、業務に着手します。
*)経費分の預かり金は事件終了後、清算処理を行い残額ご返却いたします。
4. 業務遂行
案件毎に裁判所への出頭・相手方折衝・書面作成などの業務にあたります。
5. 報酬金のお支払い
業務完了(和解など)の後、規定に基づいた報酬金(料金表参照)をお支払い頂きます。

「インターネット問題」でお困りの方は、専門弁護士・永岡孝裕にお気軽にご相談ください!

お問い合わせボタン インターネット問題に強い弁護士による法律相談サイト

主なインターネット問題の解決事例

Twitter、Googleマップの口コミ、Facebook、Instagram、爆サイ、ホスラブ(ホストラブ)、YouTube、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)、たぬきの掲示板、ガールズちゃんねるなど多数経験あります。上記以外のサイトについても対応しておりますのでご相談ください。

自分の氏名で検索すると、2ちゃんねる(5ちゃんねる)に書き込まれた過去の前科記事が大量に出てきてしまう状態。5ちゃんねるの書き込みを削除し、ミラーサイトについても受任時のグーグルの検査結果に出てきた範囲で全て削除しました。

発信者情報開示請求による発信者特定後(又は事前に発信者が判明している場合)に、発信者側と示談交渉を行った上、誠実な対応がなされない場合、損害賠償請求訴訟の提起を行います。

リベンジポルノや殺人予告等の悪質な投稿者に関しては、刑事告訴を行っています。

意見照会書に対する回答は、答弁書や被告準備書面の内容として反映されますので、法的な観点を踏まえて作成することが必要不可欠になります。その際に証拠があれば、証拠も共に送付します。

侵害された側(著作権者側)の相談としては、ブロガーやウェブコンテンツ制作者、写真家の方々から、自分の記事や撮影した写真を無断で他人に利用されているとのケースを多く扱っています。

侵害してしまった側のご相談としては、自ら知らないうちに他人の著作権に属する写真や画像を利用してしまい、著作権者から訴えられているとのケースを多く扱っています。

3つのお約束 / PROMISE

依頼者様ひとりひとりの人生が懸かっている問題を任せていただくので、依頼者様自身がじっくりと考えてご判断いただけるよう最大限配慮するよう心がけています。その上で、下記3つをお約束致します。

1
お約束01

ヒアリング重視の
オーダーメイドな解決策

費用に関して【明朗会計】をお約束します!

2
お約束02

最善のスピード解決

【最善のスピード解決】をお約束します。

3
お約束03

解決までの徹底サポート

解決するまで【徹底的なサポート】
お約束します。

弁護士紹介

永岡孝裕
担当弁護士紹介
永岡 孝裕 / ながおか たかひろ
一橋大学卒業 
中央大学法科大学院修了

趣味 
読書・ドライブ

所属団体

第二東京弁護士会
刑事弁護フォーラム正会員
外国人ローヤリングネットワーク
日本プロ野球選手会公認選手代理人

アクセス/お問い合わせ

アクセス

丸ノ内線 新宿御苑前駅 
一番出口から徒歩1分

新宿駅からも歩いてお越しになれます
(徒歩12分程度)

東京都新宿区新宿1-6-5 
シガラキビル5階 山田法律事務所
080-3391-7938

お問い合わせ

インターネット問題に関するご相談は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

LINE ID:naga115577

【LINE 友達追加QRコード】

QRコード